inthecube
音楽と物語に関する文章を書いています。
ワイルドじゃなくてもいいからタフになりたい
Note my experiences with impressive music/story.
ブログトップ
[PART2] 音楽配信の売り上げがCDに並ぶ
2015年のIFPIレポートに関する記事が、Billboardからも2015年4月14日に配信されました。Richard Smirkeという人が記事を書いています。Reutersの記事よりも長く、少し細かいデータを使っていますね。こちらも和訳してみました。

Billboard – Global Record Business Dips Slightly, U.S. Ticks Upwards In IFPI's 2015 Report

***

ストリーミング市場の大きな成長はパッケージやダウンロードの落ち込みに対抗するには充分ではなかったが、音楽産業の経営者は未だ楽観視している。

ストリーミングやサブスクリプションは大きく成長しているものの、世界的な音楽の売り上げの落ち込みを抑えるまではいかなかった。

2014年の録音制作物の売り上げは0.4パーセント下がった149億7000万ドルだった。下落幅は緩やかなものの、2012年の0.3パーセントの上昇(1999年以降初めての上昇)の後、二回目の下落である。それはまるで偽物の夜明けだった。

Billboard – IFPI CEO Frances Moore Talks Global Release Day: 'People Have to Accept Change'

現実は少々複雑である。IFPIのレポートは、この転換期にあっても実に静かな業界に向けて、詳細な考察を投げかけている。

2014年のデジタル系の売り上げは6.9パーセント成長して68億5000万ドル。サブスクリプションだけで前年比39パーセント上昇して15億7000万ドルだった。しかしながら、パッケージの売り上げは8.1パーセント落ち、ダウンロードの売り上げが8パーセント落ちたことで、成長は相殺された。いずれも権利保有者にとって単価が高い項目である。デジタルとパッケージの売り上げがともに46パーセントとなり、初めて同じ比率になった。

ダウンロードはまだデジタル配信の大部分である52パーセントを占めている。しかし、サブスクリプション・サービスは23パーセントになり、2013年の18パーセントより上がった。定額制に加入したユーザーは4100万人に及び、前年の2800万人から増えている。データを集計し始めた2010年には800万人だった。

Billboard – U.S. Music Consumption Up 14 Percent in First Quarter, Streams Make Up Losses in Sales

韓国、スウェーデン、メキシコを含む37の市場では、ストリーミングによる売り上げはダウンロードを上回っている。一方で、広告型と定額制を組み合わせたストリーミングはデジタル配信の売り上げの32パーセントを占める。2013年は25パーセントだった。

興行権による収入も前年比8.3パーセントの伸びを見せ、合計9億4800万ドルだった。これは全体の6パーセントを占めている。

映画やテレビ番組におけるタイアップの売り上げはさらに伸びており、8.4パーセント増の3億5000万ドルだった。フランスは46.6パーセント増加、ドイツは30.4パーセント増加、日本は33.5パーセント増加しており、有意な成長を見せている。

世界最大の市場であるアメリカの売り上げは2.1パーセント増加して、合計49億ドルだった。デジタル配信は35億ドルにまで到達し、アメリカの音楽市場の71パーセントを占めた。

Billboard – Taylor Swift Named IFPI Global Recording Artist of 2014

しかしながら、IFPIのレポートの作成方法が変化したことが、成長を示した要因のひとつとして挙げられる。本年は、デジタル配信の売り上げをSoundExchangeによって集められた数字を集計した、初めてのレポートである。SoundExchangeには、興行権による収入は含まれない。

アメリカにおけるサブスクリプションの収入は前年比33.5パーセントの成長を示し、4億9000万ドルに達した。広告型ストリーミングの売り上げは21.4パーセント増の2億2000万ドルに達した。ダウンロードの売り上げは7.2パーセントの落ち込みを示したが、19億ドルは依然としてアメリカのデジタル音楽配信の55パーセントを占める。

ワーナー・ミュージックのStu Bergenは「根本的なテーマは、もはや地位などないということだ。産業として、絶え間ないイノベーションの状態にある。我々は変化に適応しているのではなく、変化を受け入れ、そして変化を起こしているのだ」と述べた。映像プラットフォームのInterudeやVessel、SnapchatのDiscoverとの取り引きについて語った。続けて「宣伝と販売のプラットフォームが集束することで、アーティストの発展を促進してきた。アーティストはどこからでも活動を始めることができ、どこでも成功することができる」と述べた。

Billboard – Rumors of a Major Funding Round for Spotify Continue, Valuing Company at $8.4 Billion

一方で、IFPIのCEOであるFrances Mooreは、自らが述べた言葉「価値の溝」について話した。「価値の溝」は、YouTubeやDailyMotionのようなデジタル・プラットフォームが音楽コンテンツから得る利益と、プラットフォーマーが権利保有者やレコード会社に還元する、比較的知られていない収入との間に存在する。

Mooreは「立法環境に欠陥がある」と述べ、セーフ・ハーバーによる救済が、YouTubeやDailyMotionが中立的なホスティング・サービスとして認識されており、著作権法の特定の側面から免除されているとした。

Mooreは続けて「収益を上げ、流通や宣伝をおこなっているのにもかかわらず、自分たちは仲介業者に過ぎないと主張する企業によって、現状のセーフ・ハーバーは不正に使用されている。このことは明らかにすべきだと我々は思う」と述べた。

Billboard – Bertelsmann Posts Revenue Gains, CEO Talks BMG's Alibaba Deal: 'You Can't Make Money With CDs in China'

レポートによる地域ごとの分析は、似たような、複雑な状況を示している。

2014年に成長を示した他の市場は、世界における第三の市場であるドイツを含み、同時にブラジル、韓国、スペイン、中国、チェコ、インドネシアが挙げられる。

録音物の売り上げが前年比で落ちたのは、例えば、日本、カナダ、フランス、インド、イギリスである。ヨーロッパ全体では0.2パーセントの下落を示した。アジアもまた3.6パーセントの落ち込み、対してラテン・アメリカは7.3パーセントの成長を見せた。

SMEの会長兼最高経営責任者であるEdgar Bergerは「音楽産業にとって、デジタル配信が初めてフィジカルに並んだことは大きな転換点た。現在の軌跡を維持すれば、音楽産業は必然的に成長し、消費者が引き寄せられる市場を定額制こそが支配するだろう」と述べた。

Edgarは続けて「音楽産業は三つの転換を同時に対処している。フィジカルからデジタルへ、PCからモバイルへ、ダウンロードからストリーミングへ。そうした中で、音楽産業は効果的に振る舞っており、定額制モデルによってここにあるようなビジネスを構築していると私は思っている」と述べた。

[PART1] 音楽配信の売り上げがCDに並ぶ

2015.04.30
[PR]
by mura-bito | 2015-04-30 18:09 | Music | Comments(0)
<< Zedd – Addicted... [PART1] 音楽配信の売り... >>

fujiokashinya (mura-bito)
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新の記事
Sarah Àlainn –..
at 2017-10-19 21:12
コアラモード. – 雨のち晴..
at 2017-10-17 21:53
[PART2] TM NET..
at 2017-10-11 21:45
[PART1] TM NET..
at 2017-10-10 21:40
GET WILD Takky..
at 2017-10-03 21:21
Carly Rae Jeps..
at 2017-09-25 21:21
LINKIN PARK – ..
at 2017-09-21 21:48
以前の記事
記事ランキング
カテゴリ
タグ
ライフログ
TM NETWORK

























TETSUYA KOMURO




quasimode


Linkin Park


Paramore

Immigrant'sBossaBand

Ryu Miho

AVICII


Krewella

Zedd

藍井エイル






Gacharic Spin


梨木香歩

村上春樹



京極夏彦



Book





Comic







Music



ブログジャンル