inthecube
音楽と物語に関する文章を書いています。
ワイルドじゃなくてもいいからタフになりたい
Want to become tough, not need to get wild.
ブログトップ
Colleen D'Agostino – Stay [feat. deadmau5]


Colleen D'Agostino – Stay [feat. deadmau5] -Radio Edit-

Colleen D'AgostinoというシンガーがEP「Collide」をリリースしました。EPのタイトルは自身のファースト・ネームに掛けているようですね。以前、収録曲のひとつである「Crossroad」* の印象について書きましたが、次は「Stay」について書いてみましょう。この曲にはdeadmau5が参加しており、彼らしいクールで尖った音を聴くことができます。

空からの俯瞰と、地上から見上げる視線が交錯するイメージが浮かびます。音は地上を這うように鳴ったり、風が駆け抜けるように響いたりします。地上をとらえた映像が、瞬時に空撮に切り換わり、やがて再び地上の自然を映し出す。Colleenの歌声はとてもイマジネーションをかきたてられますね。deadmau5の音に馴染むように無機質な感じを出すこともあれば、それらの音すら有機的に生まれ変わらせるように、エモーショナルに響くこともある。



Colleen D'Agostino – Stay [feat. deadmau5] -Drop The Poptart Edit-

YouTubeでは、二種類の「Stay」が公開されています。ひとつは短くエディットされた「Radio Edit」であり、もうひとつは「Drop The Poptart Edit」と名づけられたバージョンです。後者では、重く響く音の中にも、軽やかに駆け抜ける音があります。終盤ではColleenの歌声も一層エモーショナルに響き、心地好い時間が流れます。

EDMというカテゴリーにもいろいろな音楽がありますが、特徴的な声を持つシンガーとのコラボレーションは重要な要素ですね。ソフト・シンセを主体にしてつくった音は、それだけでもユニークな響きを生みますが、シンガーの声と組み合わせると相乗効果が生じて魅力が増します。ポップスやロックとEDMとの蜜月関係は、そうしたコラボレーションの賜物と言えるのでしょう。

* inthecube: Colleen D'Agostino – Crossroad

2015.04.09
[PR]
by mura-bito | 2015-04-09 21:37 | Music | Comments(0)
<< にがくてあまい レシピ64 油... [PART3] ポリタスと日経... >>

fujiokashinya (mura-bito)
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新の記事
[PART2] LINKIN..
at 2017-07-30 08:25
[PART1] LINKIN..
at 2017-07-29 09:39
ORESAMA「Trip T..
at 2017-07-26 22:10
Zedd & Liam Pa..
at 2017-07-20 21:58
藍井エイル「シリウス」:一等..
at 2017-06-04 21:19
[PART4] Sound ..
at 2017-05-31 21:53
[PART3] Sound ..
at 2017-05-29 22:13
以前の記事
記事ランキング
カテゴリ
タグ
ライフログ
TM NETWORK

























TETSUYA KOMURO




quasimode


Linkin Park


Paramore

Immigrant'sBossaBand

Ryu Miho

AVICII


Krewella

Zedd

藍井エイル






Gacharic Spin


梨木香歩

村上春樹



京極夏彦



Book





Comic






Music


ブログジャンル