inthecube
音楽と物語に関する文章を書いています。
ワイルドじゃなくてもいいからタフになりたい
Note my experiences with impressive music/story.
ブログトップ
[PART1] TM NETWORK 30th 1984~ QUIT30 HUGE DATA
TM NETWORK 30th 1984~ QUIT30 HUGE DATA
2015-02-07&08 at SAITAMA SUPER ARENA


SEVEN DAYS WAR/BIRTH/LOUD/A DAY IN THE GIRL'S LIFE/CAROL (CAROL'S THEME I)/GIA CORM FILLIPPO DIA/IN THE FOREST/CAROL (CAROL'S THEME II)/JUST ONE VICTORY/STILL LOVE HER/LOOKING AT YOU/ALWAYS BE THERE/WE LOVE THE EARTH/GET WILD/I am/FOOL ON THE PLANET

全国ツアー「TM NETWORK 30th 1984~ QUIT30」が終了してから1ヶ月後に、規模を大きくしたライブ「TM NETWORK 30th 1984~ QUIT30 HUGE DATA」が行なわれました。その内容は、ツアーを踏襲しているというより、ツアーを包み込むような位置付けにあると表現すべきでしょうか。オリジナル・アルバム『QUIT30』、小説『CAROLの意味』、ツアー「TM NETWORK 30th 1984~ QUIT30」といった要素が物語を綴り、そして「TM NETWORK 30th 1984~ QUIT30 HUGE DATA」がクライマックスへと導きます。

ライブはツアー「TM NETWORK 30th 1984~ QUIT30」の流れを汲みながら、新たなテーマを設定し、演奏曲目を大きく変えていました。ソフト・シンセの分厚い音でアレンジされた「SEVEN DAYS WAR」は、途中からバンドの演奏に変わります。映像を写す大きなLEDパネルの前にはTM NETWORKの3人が並びます。

アルバムおよびツアーの核だった組曲「QUIT30」は、このライブではなんと最初のパート「BIRTH」のみが演奏されました。ツアーと同様に組曲を軸にすると思わせ、実は異なる軸を用意しているのではないか。「BIRTH」は、「QUIT30」から離れ、別の物語に関わる「誕生」を歌っているのではないか。ライブの後にそんなことを思ったものです。

音の数が減り、アコースティック・サウンドの雰囲気が強まる中で、ウツが「LOUD」を歌います。思わぬアレンジに驚きを隠せません。しかし、サビの部分で分厚くて力強い音が放出されます。予想もしなかった展開、そして音の厚みのダイナミックな変化により、会場が熱気に包まれます。体温も気持ちも一気に上昇します。この音楽的トリックは、どれだけライブに足を運ぼうとも引っかかるし、楽しめるんですよね。
b0078188_21384327.jpg
世界が変わります。光の筋がうごめき、音は厳かに響く。アルバム『QUIT30』で「CAROL2014」としてリメイクされた「A DAY IN THE GIRL'S LIFE」です。1988年に発表されたCAROL組曲を2014年のサウンドで録音したものです。「QUIT30」を外し、「CAROL」を入れる。このライブの軸は「QUIT30」でもあり、「CAROL」でもある。

組曲は続き、「CAROL (CAROL'S THEME I)」の後、ウツが手を挙げると、音が消えます。「CAROL」は音が消える物語ですが、ウツのこのパフォーマンスは、それを指しているのでしょうか。静寂の中、ウツはステージを去ります。代わって、エレクトロ・ミュージックとカラフルなレーザー光がステージを飛び出し、客席を会場を染め上げます。曲は「GIA CORM FILLIPPO DIA」。「CAROL」の一部であり、サブタイトルは「DEVIL'S CARNIVAL」です。この瞬間は完全にEDMフェスや、ZeddのようなDJのライブの雰囲気を感じましたね。LEDには1988年のツアーの様子が映し出されます。魔物に扮したダンサーが踊り狂うステージ。時空を越えて、ついでに次元も越えたカーニバルが続く。ものすごく楽しかった。

ライブは加速します。物語も続きます。「IN THE FOREST」でも、1988年当時のウツがスクリーンの中で歌います。その前では今のウツが歌います。このシンクロが思いの外、心を揺さぶります。当時のTM NETWORKをリアルタイムで体験したわけじゃないのに、記憶があるわけでもないのに、でもなぜか気持ちが昂ぶる。その気持ちが組曲の最後を飾る「CAROL (CAROL'S THEME II)」にも入っていきます。「CAROL」という物語がいかに素晴らしいものか、スクリーンに映るキャロルの笑顔、目の前で演奏するTM NETWORKの姿を通して、強く感じます。

オリジナル・アルバム『CAROL -A DAY IN A GIRL'S LIFE -1991』の流れに沿って、「JUST ONE VICTORY」、「STILL LOVE HER」が演奏されます。「QUIT30」を通してCAROLのアナザー・ストーリーを綴り、「QUIT30 HUGE DATA」ではCAROLそのものをステージに呼び戻した。温故知新というべきか、30年間の蓄積を、いろいろな人がそれぞれの思いとともに楽しめるステージ。そういったものを提示したのかもしれません。

[PART2] TM NETWORK 30th 1984~ QUIT30 HUGE DATA

2015.02.17
[PR]
by mura-bito | 2015-02-17 20:53 | Music | Comments(0)
<< [PART2] TM NETW... 57th Grammy Awards >>

fujiokashinya (mura-bito)
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新の記事
Sarah Àlainn –..
at 2017-10-19 21:12
コアラモード. – 雨のち晴..
at 2017-10-17 21:53
[PART2] TM NET..
at 2017-10-11 21:45
[PART1] TM NET..
at 2017-10-10 21:40
GET WILD Takky..
at 2017-10-03 21:21
Carly Rae Jeps..
at 2017-09-25 21:21
LINKIN PARK – ..
at 2017-09-21 21:48
以前の記事
記事ランキング
カテゴリ
タグ
ライフログ
TM NETWORK

























TETSUYA KOMURO




quasimode


Linkin Park


Paramore

Immigrant'sBossaBand

Ryu Miho

AVICII


Krewella

Zedd

藍井エイル






Gacharic Spin


梨木香歩

村上春樹



京極夏彦



Book





Comic







Music



ブログジャンル