inthecube
音楽と物語に関する文章を書いています。
ワイルドじゃなくてもいいからタフになりたい
Note my experiences with impressive music/story.
ブログトップ
[PART1] TM NETWORK 30th 1984~ QUIT30
TM NETWORK 30th 1984~ QUIT30
2014-12-9&10 at Tokyo International Forum Hall A


Seven Days War | QUIT30: Birth | Wild Heaven | Time To Count Down
QUIT30: The Beginning Of The End | QUIT30: Mist | Alive
君がいてよかった~月はピアノに誘われて/Looking At You~Session~君がいてよかった
Always be there | Still Love Her | QUIT30: Glow | I am | Get Wild
QUIT30: Loop Of The Life | QUIT30: Entrance Of The Earth | The Point Of Lovers' Night
Self Control | LOUD | QUIT30: The Beginning Of The End II | QUIT30: The Beginning Of The End III

2014年の音でリプロダクトされた「Seven Days War」が流れ、ステージの奥に設置された大きなスクリーンには穏やかに佇む景色が映し出されます。太いソフト・シンセの音が響き渡り、僕らは音の世界に入り込み、物語はゆるやかに始まります。ひとりの女性が現われ、自らがストーリーテラーであることを告げます。「TM NETWORK 30th 1984~ QUIT30」の幕が上がります。

2014年春のライブ・ツアー「TM NETWORK 30th 1984~ the beginning of the end」が終わり、五ヶ月という短いインターバルで新たなライブ・ツアー「TM NETWORK 30th 1984~ QUIT30」が始まりました。このツアーの開始と同時にアルバム『QUIT30』がリリースされ、ツアーの途中で『CAROLの意味』が出版されました。『CAROLの意味』は小室さんが書いた小説ですが、ふたつのツアーと新作『QUIT30』とともに、物語を構成する要素として機能します。

組曲「QUIT30」のイントロダクションである「Birth」が始まります。小室さんはシンセサイザーの音を幾重にも被せます。ウツはひとつひとつの言葉を丁寧に旋律に載せます。木根さんのコーラスがウツの声と交互に響きます。舞台裏ではバンナさんがギターを弾き、Ruyがドラムを叩きます。バンドが生み出す「うねり」からは、ダンス・ミュージックともポップスとも異なるダイナミズムを感じます。音が放つエネルギーを、観客は全身で受け止める。

リズムは四つ打ちに変わり、速度を上げていきます。三十年間の活動を通してTM NETWORKが追究してきたテーマはダンス・ミュージック。ユーロビート、ハウス、テクノ、トランスなどのサブ・カテゴリーを取り込んできましたが、その現在形がEDMです。1991年にシングルとしてリリースされた「Wild Heaven」はロックにハウス系の音を組み込んでおり、1993年のリミックスではヨーロッパの色が強く出たテクノ・サウンドに変貌していました。2014年の音は強烈なリズムを土台にしてソフト・シンセの音で固めたROCK AND EDM。懐かしさよりも分厚い音の乱舞に心躍ります。その勢いを受けて、「Time To Count Down」が会場をヒートアップさせます。TM NETWORKからTMNと改称した1990年、ハード・ロックを標榜したアルバム『RHYTHM RED』をリリースしました。その一曲目に収録されていたのがこの曲ですね。2004年にはトランスに衣替えしましたが、それから10年後、EDMスタイルで駆け抜けます。

ステージは物語を呼び戻します。組曲から「The Beginning Of The End」、続いて「Mist」が披露されます。「The Beginning Of The End」でギターとシンセサイザーが奏でるフレーズは、儀式のように繰り返されます。本当に何かを祈るのではなく、シアトリカルなものですが、別の次元に向けて捧げる音と言ってもいいでしょう。1970年代の音楽、例えばLed ZeppelinやYesを感じます。



QUIT30 Trailer PART1

スクリーンに夜のハイウェイが映し出され、一方で三つの白い三角形が回転しながら動きまわります。スクリーンの前には、三枚のパネルが吊るされ、近づいたり離れたりします。このパネルにも映像が流れます。曲はアルバム『QUIT30』の一曲目に収録されている「Alive」です。口ずさみやすいメロディ、イメージを刺激する歌詞が魅力的ですね。1980年代のTM NETWORKらしさを漂わせつつ、2014年の音を貫きます。ライブでは音に厚みが生まれ、ソフト・シンセの音が咆哮するアウトロが特にいい。

続いて「君がいてよかった」が披露されます。2012年のシングル「I am」に収録されています。曲は途中で途切れ、アコースティック・ギターを抱えた木根さんがひとり、ステージの最前面に腰を下ろします。スポットライトの中、木根さんはギターをかき鳴らすと、おもむろに歌い出す。初日は「月はピアノに誘われて」を歌います。1991年のアルバム『EXPO』のテーマとも言える曲であり、静謐なラブソングです。二日目には「Looking At You」が披露されました。こちらは『RHYTHM RED』で聴くことができます。いずれも木根さんがリードボーカルをとった曲です。

弾き語りを終えると、木根さんはエレクトリック・ギターに持ち替え、歪んだ音を鳴らします。ショルダーキーボードを下げた小室さんがステージに戻ってくると、木根さんのギターに呼応して、鍵盤を弾いてギター音を出します。二人はハード・ロックのライブさながらに、音の応酬を見せます。ひとしきりパフォーマンスを披露すると、ウツが登場し、「君がいてよかった」を再び演奏します。

感謝の気持ちを綴るような歌詞が印象に残る「Always be there」。2011年に国際連合のプロジェクト「Friend's Whistle」のために書いた曲です。ウツのボーカルで録音したものがアルバム『QUIT30』に収録されています。アルバムを聴いたときは書き下ろしの新曲だと捉えており、感謝の気持ちを綴る手紙のような歌詞だと思いました。曲の成立過程、そして前述の『CAROLの意味』をふまえると、聴き方が変わり、視点が変わります。個人と個人の間で交差する気持ちをいくつも包む、大きなスケールで語る言葉として捉えることもできる。思い浮かべるものによって、目の前の言葉は印象を変え、姿を変えます。

優しい雰囲気を引き継ぎ、「Still Love Her」の心地よいメロディがいくつもの笑顔を生みます。ロンドンで目にした風景を歌詞に刻み込んだ曲であり、1988年のアルバム『CAROL -A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991-』の最後を飾っています。アニメ「シティハンター」のエンディング曲として記憶に残っている人も多いかと思います。この曲の見せ場は間奏で吹く木根さんのハーモニカです。ウツが木根さんの近くに歩み寄ると、小室さんもショルダーキーボードを下げて近寄ります。三人が集まる姿に胸が熱くなります。小さな三角形が見える。

[PART2] TM NETWORK 30th 1984~ QUIT30

2014.12.27
[PR]
by mura-bito | 2014-12-27 21:55 | Music | Comments(0)
<< [PART2] TM NETW... 小林ユミヲ – にがくてあまい >>

fujiokashinya (mura-bito)
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新の記事
Sarah Àlainn –..
at 2017-10-19 21:12
コアラモード. – 雨のち晴..
at 2017-10-17 21:53
[PART2] TM NET..
at 2017-10-11 21:45
[PART1] TM NET..
at 2017-10-10 21:40
GET WILD Takky..
at 2017-10-03 21:21
Carly Rae Jeps..
at 2017-09-25 21:21
LINKIN PARK – ..
at 2017-09-21 21:48
以前の記事
記事ランキング
カテゴリ
タグ
ライフログ
TM NETWORK

























TETSUYA KOMURO




quasimode


Linkin Park


Paramore

Immigrant'sBossaBand

Ryu Miho

AVICII


Krewella

Zedd

藍井エイル






Gacharic Spin


梨木香歩

村上春樹



京極夏彦



Book





Comic







Music



ブログジャンル