inthecube
音楽と物語に関する文章を書いています。
ワイルドじゃなくてもいいからタフになりたい
Want to become tough, not need to get wild.
ブログトップ
Scene7 -- the beginning of the end
TM NETWORK 30th 1984~ the beginning of the end

TM NETWORK 30th 1984~ the beginning of the end

TM NETWORK


部屋の真ん中に置かれた大きなカプセルに、潜伏者のひとりが近づく。カプセルの中で少女が座っている。白いワンピースと緑のトップスをまとった、ブロンドの少女。潜伏者がカプセルのロック装置を解除する。少女は目を開けると、ゆっくりと立ち上がる。左手を胸のあたりまで上げ、それを見つめる。同じように右手を上げて、手のひらを眺める。プログラムされた行動を遂行しているかのように、その動きはぎこちない。両手を下ろして前を向くと、足を前に出す。身体がカプセルの外に出る。

▼▼▼

潜伏者は少女が動く様子を見守っている。腕の動きと脚の動きが噛み合わず、その場で転ぶ少女を見て、少し表情を変える。プログラムした内容に不備があったのか、それとも何か不測の事態が起こっているのか。少女は立ち上がり、再び動き始める。次第にぎこちなさがなくなり、滑らかに歩くようになる。少女が歩き、駆け回り、くるくると回る様子を、潜伏者は満足げに見ている。少女がステージに花咲くバレリーナのように回ると、後ろで結わえた髪もふわりと宙を舞う。

▼▼▼

他のふたりの潜伏者がやってくる。ひとりはバトンを携え、少女に近づく。動きを止めた少女は、近づいてきた潜伏者と向き合い、微笑む。差し出されたバトンを受け取る。潜伏者は、バトンを持っていない方の少女の手をそっと握る。いつか、差し出されても握ることはなかった、華奢な手。少女の手を引くようにして、潜伏者は歩き始める。少女とバトンと潜伏者はドアの向こうに消える。それを見送っていた、残されたふたりの潜伏者も姿を消す。ドアが閉まる。

RETRACE/LOUD/Scene1/COME ON LET'S DANCE/KISS YOU
Scene2/永遠のパスポート/ACCIDENT/金曜日のライオン
Scene3/RAINBOW RAINBOW/BE TOGETHER/CUBE
Scene4/I am/JUST ONE VICTORY/KEYBOARD SOLO/GET WILD
Scene5/SELF CONTROL/Scene6/BEYOND THE TIME/Scene7


2014.10.13
[PR]
by mura-bito | 2014-10-13 15:42 | Music | Comments(0)
<< Hello Sleepwalk... Scene6/BEYOND T... >>

fujiokashinya (mura-bito)
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新の記事
[PART2] LINKIN..
at 2017-07-30 08:25
[PART1] LINKIN..
at 2017-07-29 09:39
ORESAMA「Trip T..
at 2017-07-26 22:10
Zedd & Liam Pa..
at 2017-07-20 21:58
藍井エイル「シリウス」:一等..
at 2017-06-04 21:19
[PART4] Sound ..
at 2017-05-31 21:53
[PART3] Sound ..
at 2017-05-29 22:13
以前の記事
記事ランキング
カテゴリ
タグ
ライフログ
TM NETWORK

























TETSUYA KOMURO




quasimode


Linkin Park


Paramore

Immigrant'sBossaBand

Ryu Miho

AVICII


Krewella

Zedd

藍井エイル






Gacharic Spin


梨木香歩

村上春樹



京極夏彦



Book





Comic






Music


ブログジャンル