inthecube
音楽と物語に関する文章を書いています。
ワイルドじゃなくてもいいからタフになりたい
Note my experiences with impressive music and story.
ブログトップ
TM NETWORK – RAINBOW RAINBOW 2014 (the beginning of the end)


TM NETWORK – RAINBOW RAINBOW 2014 (the beginning of the end)

TM NETWORKのライブ・ツアー「TM NETWORK 30th 1984~ the beginning of the end」が2014年の4~5月に敢行されました。その千秋楽は東京国際フォーラムでの公演でしたが、この度、ライブ映像がBlu-ray/DVDとしてリリースされます。リリースまで1ヶ月を切ったところで、収録曲がアナウンスされるとともに、「RAINBOW RAINBOW」の映像が公開されました。YouTubeとniconicoで観ることができます。

ライブは、既存の曲をリメイクしたアルバム『DRESS2』の曲を軸にして進みました。中でも「RAINBOW RAINBOW」は1984年のオリジナル・バージョンから大きく変貌した曲です。アルバムを聴いた時点でその変わりように驚き、興奮したことを覚えていますが、ライブでさらに音が重なり、進化と深化を続けました。ライブでは、小室さんはソフト・シンセ各種、Sledge(黄色い筐体)、Virus TI(Sledgeの下)を弾くことで音を重ねていきましたが、それはまるで色を重ねて空に架かる虹のようです。ファンタジックな美しさを放つメロディが、いくつものRAINBOWで彩られます。

「RAINBOW RAINBOW」の主役はもちろんシンセサイザーです。そこにウツのボーカルと木根さんのコーラスが加わり、不変のトライアングルが浮かび上がります。カメラのフォーカスを移して視点を変えてみると、シンセサイザーに重なるギターの音が独特のポジションをキープしていることに気づくでしょう。バンナこと松尾和博さんが刻むギターは、シンセサイザーを引き立てつつ、クールなエレクトロニック・サウンドにロックの熱を込める役割を担います。

inthecube:
TM NETWORK – RAINBOW RAINBOW 2014
[PART1] TM NETWORK 30th 1984~ the beginning of the end
[PART2] TM NETWORK 30th 1984~ the beginning of the end

2014.08.28
[PR]
by mura-bito | 2014-08-28 21:41 | Music | Comments(0)
<< MAGIC! – Rude -... Hello Sleepwalk... >>

fujiokashinya (mura-bito)
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新の記事
[PART2] PANDOR..
at 2018-01-18 18:08
[PART1] PANDOR..
at 2018-01-16 21:56
[EN] Zedd – ST..
at 2018-01-11 20:44
Zedd – STAY+
at 2018-01-09 21:54
ORESAMA「銀河」:切な..
at 2018-01-02 22:12
[EN] LINKIN PA..
at 2017-12-29 18:12
LINKIN PARK – ..
at 2017-12-28 21:34
以前の記事
記事ランキング
カテゴリ
タグ
ライフログ
TM NETWORK

























TETSUYA KOMURO




quasimode


Linkin Park


Paramore

Immigrant'sBossaBand

Ryu Miho

AVICII


Krewella

Zedd


藍井エイル



Gacharic Spin

ORESAMA


梨木香歩

村上春樹



京極夏彦



Book





Comic








Music


ブログジャンル