inthecube
音楽と物語に関する文章を書いています。
ワイルドじゃなくてもいいからタフになりたい
Want to become tough, not need to get wild.
ブログトップ
TM NETWORK – 永遠のパスポート 2014
DRESS2

DRESS2

TM NETWORK


リプロダクション・アルバム『DRESS2』の最後を飾る曲は「永遠のパスポート」です。オリジナルは『CHILDHOOD'S END』というアルバムに収録されています。デビュー・アルバム『RAINBOW RAINBOW』に続く2枚目のアルバムであり、音や歌詞について、TM NETWORKの中ではソフトな部類に入る作品と言えるでしょう。シンセサイザーの音を使っていても、シンセサイザーを聴いている感覚を抱かせない工夫がなされているそうな。シンセサイザーの音はTM NETWORKのアイデンティティ。その印象を弱めていることに驚きますが、迷いとも言えるこの時期を経て、1986年からはダンス・ミュージックの要素を取り入れることで、アイデンティティが確立してゆきます。

「永遠のパスポート」の2014リプロダクションは、オリジナルの雰囲気を色濃く残し、とても気持ちのいいポップスに仕上がっています。EDMスタイルとは距離をとり、シンプルな印象を与えるサウンドです。シンセサイザーが形づくる音のレイヤーを楽しむことができますし、アコースティック・ギターのストロークや、エレクトリック・ギターによるソロ・プレイもいいですね。さらりと聞き流すこともできるけれど、ちょっと立ち止まって、第一印象の向こう側にあるものを探ってみるとおもしろいですよ。シンプルなサウンドもじっくりと耳を傾けることで、その奥深さを垣間見ることができます。

歌にスポットライトを当ててみましょう。メロディの優しさが際立つ曲であり、『DRESS2』では、その優しさが芯のあるものになって響き渡ります。オリジナルのとき、10年目のライブ、それぞれ歌い方は異なっていました。さらに言えば、録音する前のライブでも歌われており、これもまた歌の印象が異なります。10年、20年、30年と時間を積み重ねて、ウツの歌声はメロディの良さを最大限に引き出しています。それが実現しているのは、声の性質、技術や経験、そしてメロディとの相性といった要素が互いを打ち消すことなく組み合わさっているからでしょうね。

TM NETWORK – DRESS2

COME ON LET'S DANCE 2014
GET WILD 2014
SELF CONTROL 2014
BE TOGETHER 2014
JUST ONE VICTORY 2014
I am 2013
RAINBOW RAINBOW 2014
ACCIDENT 2014
金曜日のライオン 2014
永遠のパスポート 2014


2014.05.18
[PR]
by mura-bito | 2014-05-18 09:04 | Music | Comments(0)
<< Rolling Stone J... TM NETWORK – 金曜... >>

fujiokashinya (mura-bito)
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新の記事
[PART2] LINKIN..
at 2017-07-30 08:25
[PART1] LINKIN..
at 2017-07-29 09:39
ORESAMA「Trip T..
at 2017-07-26 22:10
Zedd & Liam Pa..
at 2017-07-20 21:58
藍井エイル「シリウス」:一等..
at 2017-06-04 21:19
[PART4] Sound ..
at 2017-05-31 21:53
[PART3] Sound ..
at 2017-05-29 22:13
以前の記事
記事ランキング
カテゴリ
タグ
ライフログ
TM NETWORK

























TETSUYA KOMURO




quasimode


Linkin Park


Paramore

Immigrant'sBossaBand

Ryu Miho

AVICII


Krewella

Zedd

藍井エイル






Gacharic Spin


梨木香歩

村上春樹



京極夏彦



Book





Comic






Music


ブログジャンル